imgs-04.png

クーロ A アンソニー MBA
最高経営責任者
ボードメンバー

アンソニー A クーロ
最高経営責任者

アンソニー A クーロは、ライフサイエンス、テクノロジー、ファイナンス分野で25年以上の経験を持つ熟練したビジネスエグゼクティブであり、起業家です。 IMMPLACATEに入社する直前に、クーロはSpruce TechnologyのCEOを務め、長年にわたり会社の大きな成長と拡大を推進しました。それ以前は、世界中にマネーマネジメント及び研究サービスを提供するグローバル・アセット・マネジメント会社のアライアンス・バーンスタイン(Alliance Bernstein)で副社長を務めました。また、北米の事業部門を統括する神経診断および超音波血流モニタリングの主要な医療技術会社であるCompumedicsの副社長兼ゼネラルマネージャーを務めました。 Compumedicsに入社する前は、医療機器の強力な指導者Guidant(Boston Scientific)のディレクターを務め、心臓血管製品ポートフォリオのさまざまな側面に携わっていました。クーロは、セールス、マーケティング、ファイナンス、オペレーション、人事、製造、R&D、 国際的なエクスポージャーを含めた戦略などの職務経験も豊富です。

imgs-13.png

シー ドナ MBA, MPH
戦略開発アドバイザー
ボードメンバー

Donna See
Chief Executive Officer

Donna See is a Vice President at Allied Minds (Venture Capital firm), leading the firm’s partnerships with U.S. universities. Donna brings more than 14 years of experience in academic technology transfer, public-private partnerships, and early-stage technology development. She most recently served as Director of Licensing and Director of Strategic Initiatives for Columbia Technology Ventures, an internationally recognized leader in the field of academic tech transfer, and as the Founding Director of the Columbia-Coulter Translational Research Partnership. Prior to Columbia, Donna was Director of Business Development and Technology Transfer at New York-Presbyterian Hospital, forging strategic alliances with government and industry partners to evaluate, develop and acquire new healthcare technologies.

imgs-02.png

ヴンヤク‐ノヴァコビッチ ゴルダナ Ph.D.
科学共同創設者
ボードメンバー

ゴルダナ ヴンヤク‐ノヴァコビッチ
科学共同創設者

ゴルダナ ヴンヤク‐ノヴァコビッチは、コロンビア大学のユニバーシティー・プロフェッサー(コロンビア大学の最高ランク)で、Mikati財団生物医工学教授です。 彼女は、 再生医療のためのヒト組織工学、幹細胞研究(間葉系幹細胞を含む)、ヒト疾患の研究の第一人者です。 35,000件以上の論文引用とh = 108を持つ彼女は、全分野を通じて史上最も多く引用されている一人です。 彼女は以前に3つの他のバイオテクノロジー企業(EpiBone、TARA Biosystems、East River BioSolutions)を設立しています。

彼女はAAASのフェローであり、欧州学士院(Academia Europaea)、全米技術アカデミー(National Academy of Engineering)、全米医学アカデミー(National Academy of Medicine)、全米発明家アカデミー(National Academy of Inventors)の会員で、他にも多くの名誉ある地位についています。

imgs-03.png

ウォブマ ホリー Ph.D.
科学共同創設者
ボードメンバー

ホリー ウォブマ
科学共同創設者

ウォブマは、11年間生物医学研究に携わってきました。 彼女はコロンビア大学大学院(Presidential Scholar)でバイオメディカルエンジニアリングを専攻するMD-PhDプログラムの6年生です。 彼女は、間葉系幹細胞免疫療法の開発の研究に注力しており、細胞療法、免疫調節、移植寛容の専門知識を持っています。 MD-PhDプログラムに入る前は、幹細胞製造ラボで研究を行い、癌ナノ治療学の研究も行ってきました。 彼女は、カルガリー大学(カナダ) を学年のトップで卒業し、ミュリエルコヴィッツ賞を受賞しました 。

研究以外にも、ウォブマは科学ライターとして5年間幹細胞分野に従事し、最新の再生医療に関する記事を毎月寄稿しています。

imgs-01.png

金井 麻里子
科学共同創設者

金井 麻里子
科学共同創設者

金井はコロンビア大学大学院のPhDプログラムの学生で、間葉系幹細胞療法、iPS細胞、組織工学の4年間の経験を有しています。 彼女は研究実績が認められ、 JASSO(日本政府系機関)から学術研究支援を受けています。金井はまた、過去に臨床研究の経験もしました。

金井は広く国際的にも活動しており、いくつかの関連するイニシアティブに積極的に関わってきました。 彼女はコロンビア大学のGlobeMedのプレジデントとして、パートナーであるウガンダのNGO、GWED-Gでのインターンシップを企画し、参加しました。 また、彼女はニシミヤフェローとして 福島で災害医療と救援も学びました。