症:急性移植片宿主病(GvHD)
段階:前臨床


同種異系骨髄移植(BMT)は、広範囲の血球障害 に対して治癒可能 な治療法です。 しかし、治癒の希望とともに、GvHDと呼ばれる生命を脅かす可能性のある合併症のリスクも伴います。 白血病患者様は一般的により良い選択肢がないので、BMTを受け、GvHDに付随する死または多くの症状(皮膚の発疹、臓器不全など)により、生活の質の低下に苦しむ可能性があります。 鎌状赤血球症のような直ちに致命的ではない疾患の患者様の場合、 BMTによる治癒の可能性があるとしても、GvHDのリスクを取る価値があるとは一般的に思われません。

私たちの使命は、BMTをより安全にし、より良い成果をもたらし、より多くの患者様を治療するために使用できるようにすることです。 我々は我が社のEMCが、現在臨床的に使用されている準最適薬とは別に、安全かつ効果的な解決策を提供すると考えています。