1. EMCとはなんですか?

EMCはEducated Mesenchymal Cells(予備刺激を受けた間葉系細胞)の略です。 過去10年間に間葉系間質細胞(MSC)を使用した臨床試験が数多く行われていますが、患者様に与えられる前に免疫抑制行動をとるように指示されていないMSCを使用しています。 従って、どのような生体内の指示を経験するかに頼るため、ごく一部の細胞しか、しかも遅れて、最終的に正しい行動をとることができません。

EMCは、臨床的に投与される前に均質に免疫抑制性であるよう、訓練されたMSCです。

2. EMCは本当に訓練されていない、通常のMSCと違いますか?

EMCと訓練されていないMSCとの間の3000を超えるタンパク質の相対発現。

3. EMCは抗炎症薬と比較してどうですか?

急性および慢性ともに多くの疾患は、望ましくない免疫応答(自己免疫疾患、臓器拒絶反応、急性炎症など)を伴います。免疫細胞は疾患の進行に直接的に寄与し、当然のことながらこれらの治療に共通なことですが、ステロイド、カルシニューリン阻害剤、シクロホスファミド、メトトレキセート、および様々な新しい生物学的薬剤のような薬物を必要とします。残念なことに、これらの薬物は、糖尿病、皮膚変化、体重再分布、精神病、口内炎、肝臓疾患、腎臓病、貧血、および日和見感染を含む多くの副作用を伴う傾向があります。一度EMCになるように訓練されると、MSCは能動的免疫細胞を抑制することがわかっています。ほとんどの薬物の場合のように、1つのタンパク質または受容体を標的とするのではなく、EMCは、免疫応答において複数の節で作用する様々な免疫抑制タンパク質を産生します。これにより、単一点での重大な中断なしに免疫抑制効果が得られます。さらに、免疫寛容を誘導する細胞を促進することができます。

4. EMCは安全ですか?

広範囲の組織から採取されたMSCの 臨床試験が多数行われてきました。 それらは、一般に、有害事象が極めて少なく強い安全性プロファイルを有すると考えられています。規制(安全)の観点から、EMCは訓練されていないMSCとそれほど違いはありません。 しかし、それぞれの小さな違いと適応症をテストし、承認する必要があります。

5. 他のMSC企業とどのように違いますか?

私たちの科学ページに記載されているように、過去10年間に、MSCに抗炎症表現型の導入を指示する方法について多くの知見が蓄積されてきました。 IMMPLACATEの科学的創設者たちは、彼ら自身がこの「訓練プログラム」の最適化について5年以上の経験を積み、それがEMCを作るための技術に反映されています。この違いが、他の企業が使用する通常のMSCと比較して、臨床試験におけるEMCの優れた性能につながると我々は考えています。

6. どこで治療が行われますか?

私たちは現在、前臨床段階ですが、今後の臨床試験は学術医療センターで実施されます。

7. どのように保険償還されますか?

MSC / EMCはまだFDAで承認されていないため、メディケアまたは民間保険会社との特定の償還コードはありません。

それにもかかわらず、承認後最初の数年に治療費をカバーすると予想される保険適用への間接的なルートがあります。 私たちは当初、移植片対宿主病(GvHD)と呼ばれる骨髄移植の合併症に狙いを定める予定です。 一般に、病院は、GvHDのような移植後の合併症の費用をカバーするために、骨髄移植のための多額の一時支給金を受け取ります。 したがって、どのようにそのお金を使うのかは、個々の病院の裁量に委ねられます。

圧倒的な臨床データが出現してくれば、MSCへの適用を認めさせるよう保険機関に働きかけ、後々保険適用が他の臨床適応症に拡大された場合、これが保険支払いに役立つでしょう。