imgs-09.png

マパラ マーカス M.D., Ph.D.
科学/臨床顧問

マパラ マーカス
科学/臨床顧問

マパラは、コロンビア大学メディカルセンターの医学教授であり、血液・骨髄移植(BMT)のディレクターであり、また、コロンビアのトランスレーショナル免疫学センター(CCTI)の上級研究員です。 彼は、コロンビア大学ハーバート・アーヴィング・メディカル・センター/NYプレスビテリアン病院 のBMTプログラムの創設責任者として、BMTユニットの建設、スタッフやBMTの教員の募集を指揮しました。

マパラはハイデルベルク医科大学/ドイツを卒業し、ドイツのベルリン・フンボルト大学大学メディカル・センター・チャリティとハイデルベルグ大学で内科と血液学/腫瘍学研修を受けました。さらに、ボストンのハーバード大学医学部のマサチューセッツ総合病院移植移植生物学研究センターで研究フェローシップを終えました。准教授として、血液学的集中治療室を率いて、ベルリンの大学メディカル・センター・チャリティで幹細胞移植部門の副所長を務めました。コロンビアに来る前は、ピッツバーグ大学がん研究所の医学准教授(終身在職権持ち)で、成人造血幹細胞移植プログラムのディレクターを務めました。彼の研究は、骨髄移植のトランスレーショナルな側面に焦点を当てています。特に、同種異系血液または骨髄移植の免疫生物学に興味があり、予防および治療のための新規アプローチを特定するために移植片対宿主病(GVHD)の発症を支配する分子事象の解明に重点を置いています。マパラの研究室では、ネズミおよびヒト化マウスモデルを利用してGVHDの発達を研究し、介入のための新しい戦略をテストしています。主な成果には、GVHDの予防のための潜在的標的としてのJAK / STAT1経路の同定、ドナー - リンパ球輸液媒介性移植片対白血病(GVL)効果およびGVL不全の機序の解剖、GVHD中の走化性応答の解剖が含まれます。さらに、彼の研究室は、B細胞悪性腫瘍の病理学を理解することに長年関心を持っています。マパラは、Journal of Clinical Investigations、Blood、Nature Medicineや、Journal of Experimental Medicineなどのピア・レビューを採用している科学雑誌で70編以上の論文が出版されました。

imgs-03.png

ドボルザーク クリストファー M.D.
科学/臨床顧問

ドボルザーク クリストファー
科学/臨床顧問

ドボルザークは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)ベニオフ児童病院の臨床小児科准教授であり、小児アレルギー、免疫学、血液および骨髄移植部門のチーフです。彼は2007年にUCSFに移り、FACT認定小児細胞療法ラボの共同ディレクターを務め、ヘレン・ディラー家族がんセンターの小児悪性腫瘍プログラムのメンバーです。米国内では、小児血液および骨髄移植コンソーシアム(PBMTC、2009-2016年)の支援的ケア戦略グループの直近の議長であり、児童腫瘍学グループの癌コントロールおよび支援ケア委員会の委員長でもあります(COG、 2017年以降)。彼は、COG、PBMTC、および一次免疫不全治療コンソーシアムが運営するいくつかの大規模な多施設共同の臨床試験の主任研究員を務めました。彼の専門知識は、移植関連の罹患率と死亡率の減少を目的とした臨床試験の設計と実施、そして非常に幼い子供のための移植法の最適化です。

imgs-12.png

ヂュラン-ストラーク レイモン DVM, Ph.D.
科学/臨床顧問

Raimon Duran-Struuck
Scientific/Clinical Advisor

Dr. Duran-Struuck is Assistant Professor of Pathobiology and Associate Director of the University of Pennsylvania’s Laboratory Animal Resources. He is an assistant Professor (adjunct) at the Tufts Cummings School of Veterinary Medicine in Boston (MA). Previous to this post he was the Head of the Pre-Clinical Transplantation Laboratories at Columbia Center of Translational Immunology (CCTI) and Assistant Professor in Surgical Sciences in the Dept. of Surgery at Columbia University Medical Center (CUMC). Dr. Duran-Struuck was instructor in surgery at Harvard Medical School and Assistant in Immunology at the Transplantation Biology Research Center (TBRC) (Massachusetts General Hospital) where he completed his NIH K award. Dr. Duran-Struuck began his career at Tufts University by earning his Bachelor of Science degree in Biochemistry and completed his DVM at Tufts University School of Veterinary Medicine. From Tufts, he went on to complete an Internship in Internal Medicine and Surgery at Florida Veterinary Specialists and Cancer Treatment Center. Dr. Duran-Struuck then transitioned to the University of Michigan where he finished a Residency in Laboratory Animal Medicine while concurrently fulfilling a post-doctoral fellowship in experimental bone marrow transplant in the laboratories of Drs. James L.M. Ferrara and Pavan Reddy at the University’s Comprehensive Cancer Center working on graft-versus-host disease (GVHD). In 2010, Dr. Duran-Struuck fulfilled his second post-doctoral fellowship in bone marrow transplant at Harvard Medical School under the guidance of Dr. David Sachs and Christene Huang within the large animal bone marrow transplantation group at the TBRC prior to his first faculty appointment. He also completed and successfully defended his PhD in Immunology, at the Universitat Autonoma de Barcelona (suma cum laude). He is a boarded Diplomate of the American College of Laboratory Animal Medicine (ACLAM).

Dr. Duran-Struuck has over thirty publications and expertise is transplantation immunology using small (mouse) and large (pig and monkey) animal models. He has used protocols for the induction of tolerance for solid organ transplantation, hematopoietic cell transplantation, and treatment strategies for graft-versus-host disease and other auto-immune mediated conditions. Recently, Dr. Duran-Struuck has studied the use of regulatory T cells as an “off the shelf product” for the induction of immunological tolerance and the treatment of GVHD. As a comparative medicine veterinarian has also expertise in facility design, regulatory compliance and veterinary care of (immunodeficient and immunocompetent) animals required for successful implementation of pre-clinical studies.

imgs-10.png
imgs-13.png
imgs-22.png

デーリー アンドリュー M.D.
科学/臨床顧問

マクデヴィット トッド Ph.D.
科学/臨床顧問

テンマ Ph.D.
科学

Andrew Daly
Scientific/Clinical Advisor

Dr. Daly completed medical school and internal medicine training at McGill University in Montreal, Quebec. He undertook his hematology training at that same institution and then completed a two-year fellowship in Hematopoietic Cell Transplantation at the University of Toronto. His research interests include improved prophylaxis and treatment of graft-versus-host disease and the use of alternative donors to expand access to HCT to patients without matched donors. He is currently President of the Canadian Blood and Marrow Transplant Group and Medical Director of the Alberta Blood and Marrow Transplant Program in Calgary, Alberta. He is a clinical associate professor in the Cumming School of Medicine, University of Calgary.

マクデヴィット トッド
科学/臨床顧問

マクデヴィットは、Gladstone研究所の上級研究員であり、カリフォルニア大学サ ンフランシスコ校のバイオエンジニアリング・アンド・セラピューティック・サイ エンス学科の教授です。以前は、ジョージア工科大学とエモリー大学の生体医工学 科の教授であり、ジョージア工科大学の幹細胞工学センターの創設理事でした。彼 はジョージア工科大学(2004-14)で10年を過ごした後、カリフォルニア州再生医学 財団(CIRM)リサーチ・リーダーシップ・アワードを受賞した後、グラッドストー ン研究所に移りました。 マクデヴィットは、生体材料や組織工学の研究で20年の 経験を持ち、過去15年間、主に幹細胞や組織工学に焦点を当ててきました。 McDevittの研究室は、幹細胞バイオマニュファクチャリングのためのスケーラブル な培養プラットフォームの開発におけるリーダーとなっています。幹細胞組織の工 学的努力に加えて、マクデヴィット研究所は、免疫調節、組織修復および再生、お よび老化防止のための幹細胞由来分子治療法を開発するためのいくつかのアプロー チを改革しました。 マクデヴィットは、米国心臓協会(AHA)からのニューインベス ティゲーターアワード、及び生体材料協会のヤングインベスティゲーターアワード を受賞し、ジョージア・トレンド誌の「40 Under 40」に選出され、 また、アメリ カ医療生物学研究所(AIMBE)のカレッジ・オブ・フェローズに就任しました(2014 年)。 マクデヴィットは、ヂューク大学で生体医工学及び電気工学の学士号 (B.S.E.)及びワシントン大学で生物工学博士号を取得し、ワシントン大学の病理 学科でポストドクトラル研究を行いました。

ゴルダナ ヴンヤク‐ノヴァコビッチ
科学共同創設者

ゴルダナ ヴンヤク‐ノヴァコビッチは、コロンビア大学のユニバーシティー・プロフェッサー(コロンビア大学の最高ランク)で、Mikati財団生物医工学教授です。 彼女は、 再生医療のためのヒト組織工学、幹細胞研究(間葉系幹細胞を含む)、ヒト疾患の研究の第一人者です。 35,000件以上の論文引用とh = 108を持つ彼女は、全分野を通じて史上最も多く引用されている一人です。 彼女は以前に3つの他のバイオテクノロジー企業(EpiBone、TARA Biosystems、East River BioSolutions)を設立しています。

彼女はAAASのフェローであり、欧州学士院(Academia Europaea)、全米技術アカデミー(National Academy of Engineering)、全米医学アカデミー(National Academy of Medicine)、全米発明家アカデミー(National Academy of Inventors)の会員で、他にも多くの名誉ある地位についています。